チラシ/ノベルティーグッズ/ポップ/チケット/フライヤー/ホームページ制作/楽曲制作/映像制作/システムサポート

販売に関する提案

販売を行ううえで、最も面倒なのが在庫管理です。
商品点数が数万点を超えるのであれば諦めて高額のシステムを導入できますが、500点、1000点などの中途半端な商品点数では高額のシステムにも出来ず、またExcelでの管理も厳しいのが現状です。
商品点数や1日に販売される点数、今後新しい商品はどれくらい増えるのか、販売箇所、販売回転によって在庫の管理方法が変わってきます。
EXCEL、フリーソフト、市販ソフト、POSレジの導入など手段も様々で、在庫管理ソフトとPOSレジとホームページとを連動させることもできます。今後のビジョンが定めることで、現段階ではすべての連動はないにしても、それに対応可能な管理方法を考えることができます。
現状と今後のビジョンを含めたうえでの提案をしていきます。

POSレジ

商品点数が多く、販売量も多いとPOSレジを使うことになると思います。
POSレジも一体型の在庫管理ができる高機能なものから、売れたリストをcsvで吐き出すだけのものまで様々です。

POSレジというと、数十万~数百万を想像する人も多いですが、実は無料ソフトも存在します。そしてそれは現在も急速に進化しており、市販のPOSレジより性能がいいのかもしれないと思うほどです。ただ、ソフトは無料でもハードは高いのが現状です。

POSレジに必要なもの

・パソコン1台(マウス、キーボード)
・バーコードリーダー
・レシートプリンタ
・提示ディスプレイ
・ドロアー
パソコンは手持ちのものを使用するとして、そのほかのハードは安く見積もっても総額10万はします。
インターネット等で安いものがあったとしても、そのハードがPOSソフトで使用できるかは使用するソフトを確認しないとわかりませんので、注意が必要です。

POSレジの導入は、導入しないことによって在庫管理や販売にどれだけ人件費がかかるのかを考えて決めることが重要です。

PAGETOP
Copyright © SAY39NET All Rights Reserved.